No.8 電話SMは身も心も癒される特別な時間

さすけさん(30歳・男性・会社員・東京都)からいただいた電話SMプレイ体験談です。

SMツーショットで好みのマゾ女性をゲットしたさすけさん。

素人の女性を一から調教する喜びは、リアルで調教できる電話SMならではのメリットと言える成功事例です。

<投稿者プロフィール>
・お名前:さすけさん(仮名)
・年齢:30歳
・性別:男性
・職業:会社員
・地域:東京都

責められて感じるマゾ女性との出会い

私はとにかく嫌がる女の子を無理矢理いじめるのが大好きという性癖があります。

そんな私の性癖を引いてしまう人もいるかもしれませんが、私はとにかく「嫌」と言われれば言われるほどどんどんそれを繰り返してしたくなるし、躊躇されればされるほどエッチなことを言わせたくなります。

私の「いじめたい願望」が強すぎたせいか、それが理由で恋人と別れたこともあります。

それでも私の性的な欲望は抑えられないほどになっており、日常では私の「いじめたい」という性的思考を分かり合える女性がいないので、私はSMテレクラに通って女の子とひたすらテレエッチを繰り返して気持ちよくなっています。

身の回りにはいなくてもSMテレクラであれば「いじめられたい」という女性も在籍しているだろうし、エッチなこともOKだろうと思い、大いなる期待の気持ちをもって利用しはじめました。

そしてSMテレクラを利用してすぐに「いじめられたい願望が強い女の子」が多く在籍していることに気づいた私は繋がった電話で早速SMテレエッチを楽しみました。

その子は「マナミ」という名の女の子で声が高いもののロリ系ではなく、お姉さん系のイメージをうけたのですが、「エッチなことは好きだけど、恥ずかしくてなかなか思い切れない」と言っていました。

そんなマナミちゃんのエッチを解放しようと思った私は何気ない会話から恋愛の話をし、そしてエッチの話をしました。

私の「フェラは得意?」「生は好き?」などの質問に最初は恥ずかしがりながらボソボソと答えていたマナミちゃんに「何?聞こえない。はっきりと答えなさい!」と強い口調で指示すると次第にその声が大きくなっていきました。

そして私はいつもと同じようにオナニーをすることを指示すると彼女は小さく喘ぎ、私が「今何を触ってるの?」「そこはどうなってきてる?」と攻めると「おま○こです」「ビショビショに濡れてます」と言いながら徐々に大きな声で喘ぐようになってきました。

「こんな知らないおじさんと電話しただけでおま○こ濡らして、この雌豚が!」というとマナミちゃんはさらに「あん…あん…」と興奮していくのが感じ取れました。

「イキそうです…」というマナミちゃんを私は許しませんでした。「まだイッちゃだめ!」「勝手にイクことは許しません!」と言いながら、言葉でいじめている自分とそれに感じているマナミちゃんにとても興奮し、同時に快感を感じました。

そしてひたすら勃起したアソコをゆっくり、そして徐々にはやく扱いていきました。私は右利きなのですが、慣れていない左手で勃起したアソコを扱くと誰かに扱かれているようでそれがまた余計に気持ち良いと思えたので彼女の喘ぎ声に合わせて上下に手を動かしました。

マナミちゃんとエッチをしている感覚になりながらそして彼女の膣を感じているような気持ちになりながらその幸せな時間をひたすら感じました。

また、「恥ずかしい」と言っていたマナミちゃんは一体どこに行ったのか、と思えるほどのエッチな喘ぎ声を出しながら「ごめんなさい…もう我慢できません!」と叫び、「よし、イッていいよ!イきなさい!ほら!」と言うと彼女は「あぁぁぁぁぁぁ!」と叫ぶような声を上げ、絶頂を迎えました。

そんな彼女にエクスタシーを感じ、私もたっぷりと精液を放出しました。

まるで彼女の身体を感じながら彼女の膣の中に大量に精液を放出したような感覚になりました。

SMテレクラでのテレエッチは私の性的思考を受け入れてくれる場所であり、自分自身を全て開放させてくれ、そして身も心も癒してくれる唯一の場所といっても過言ではありません。

SMテレクラでの濃厚なテレエッチの後には気持ちも元気になるし、今となっては私の生活にかかせない場所となってます。


ご投稿ありがとうございます。

言葉責めされながら一人エッチに耽る女性が集まるのが、SMテレクラです。

女性はもともと、SMプレイをはじめとする変態プレイの願望を持つ人が多く、一人エッチの際は過激なプレイを妄想する女性が多いそう。

少女漫画やレディコミ雑誌でも、痴漢やレイプは当たり前。

SMの知識は男性以上に持っていると言っても過言ではありません。

しかし、そんな女性も、リアルの現実でSMをするパートナーを見つけるのは至難の業。

だから、電話SMができるテレクラやツーショットダイヤルに集まるんです。

最近は、映像を見せ合いながらSMプレイを楽しめるビデオ通話アプリも登場。

電話SMを楽しむ女性が、昼夜問わずどんどん集まって、変態一人エッチのパートナーを待機している入れ食い状態と言えますね。

男性視点

PAGE TOP