M女の特徴と見分け方

彼女やセフレ、知人女性がM女かどうかを確かめたい人のために、M女の特徴と見分け方を紹介します。

はじめに

M女は簡単に見抜ける

M女を責めたいS気質のある男性にとって、彼女やセフレ、知人女性がM女かどうかを確かめたいと思うのは自然な流れです。

しかし、女性がSなのかMなのかを、外見だけで判断することはできません。

S女にはS女の、M女にはM女の、ある程度の共通する傾向はありますが、本来の自分とは異なる振る舞いをすることも往々にして起こり得るからです。

本当にSかMかを見分けるには、まずその特徴をよく理解し、相手に質問をし、そして、その時の反応を見て判断しなければ判別がつかないのです。

ですが、M女の特徴は明確です。

これに当てはまればほぼ間違いないというレベルの、現実的な判別方法をご紹介します。

Mの定義

SMの世界で言うMとは、マゾヒズムのことを指し、日本語では被虐性(ひぎゃくせい)と言います。

典型的な例を挙げるとすれば、苦痛や羞恥から性的快感を得る性的嗜好を持つ女性のことを指します。

M女という言葉から誰もが連想するような、拘束・緊縛の状態からの言葉責め、視姦や野外露出といった羞恥プレイ、放尿・浣腸に代表されるスカトロプレイなどがあります。

しかし、現実はAVに見られるようなハードなプレイを望むM女性はそれほど多くありません。

現実には、ソフトSMと呼ばれる部類に入るプレイを望む女性が多いのも特徴と言えるでしょう。

そもそも、マゾという性格は、性行為に限った傾向ではありません。

Mっ気のある女性は、基本的に、自分のために誰かから何かをしてもらいたいという思考を持つ女性の総称なのです。

さらに、SとMという性格の違いは、どちらか一方に完全に別れているものでもありません。

S女性がMの面を持つことも、M女性がSの面を持つことも十分にあり得るのです。

つまり、M女とは、S女よりもSの部分が少ないということで、つまり、Mっ気が他の女性よりも多いということに過ぎないのです。

これが、現実に存在するM女の特徴の最たるものと言えるでしょう。

見た目で判断するのは間違い

不思議なことに、世の中のM女は、似たような容姿をしています。

基本的にふんわり系の見た目を好むことが多く、ふんわりした柔らかい素材の服装や髪型であることが多いのも事実です。

しかし、だからと言って、そういった容姿の女性をM女だと決めつけてはいけません。

なぜなら、最初にも述べたように、S女がM女ような装いをすることや、その逆もまた存在するからです。

SかMかを見た目だけで判断するのは間違いです。

本当の性格を判断する方法はただ一つしかありません。

それは、相手にいくつかの質問をし、その反応を見て判断するのです。

反応は、嘘をつきません。

M女は、必ずM女の特徴を見せるのです。

M女を見分ける方法

SかMかを尋ねる

どっちにもなれる場合

相手の女性がM女なのかどうかを知りたい場合、一番確実な見分け方が、直接質問をする方法です。

ずばり、「あなたはSですか?Mですか?」とストレートに質問してみるのです。

そして、その答えが「どっちにもなれる」という回答だった場合は、M女と判断することができます。

どっちにもなれると言うことは、一見、Sっ気もあるように受け取ることもできます。

しかし、それは間違いです。

SとMを使い分けらえるという性格は、実はM女にしかない特徴だからです。

そもそも、本物のS女は、Sにしかなれません。

S女が、相手によってMを演じることなど不可能なのです。

質問に質問で返す場合

「あなたはSですか?Mですか?」と質問をした時に、「どっちだと思う?」と逆に質問に質問で返してくる場合も、M女と見ることができます。

質問を質問で返してくるということは、SかMかの判断を、質問者に委ねていることになります。

その特徴もまた、M女にしかない特徴なのです。

少なくとも、相手に委ねている時点で、S女ではありません。

Sをアピールする場合

「あなたはSですか?Mですか?」と質問をした時に、Sっ気があることをアピールするタイプの場合、やはりMと見ることができます。

そもそも、本物のS女は、SかMかを選択する余地がないタイプの女性なのです。

つまり、S女はSにしかなることができず、常にSの視点で物事を判断するのです。

結果的に、自分がSであるということをアピールすることはなく、その必要もないのです。

M女は違います。

本心がMである女性は、相手に自分がMであるということを悟られまいと、Sっ気も持ち合わせていることをアピールするのです。

ここが、M女性を見分けるポイントにもなります。

SMという言葉から連想させる

M女を見分ける特徴として、単純に「SM」という言葉からなにを連想するのかを質問するという見分け方も有効です。

これは単純な質問法で、例えば、SMという言葉から「相手に虐められる」というイメージを想像する人物の場合は、Mと判断できます。

SMとは、相手に虐められるMもいれば、逆に相手を虐める立場にあるSもいるのです。

それなのに、Mの立場をまず最初に連想する女性というのは、SMという言葉にMの要素を見ている証拠でもあるのです。

具体的な質問で絞り込む

M女かどうかを明確に判断するためには、なるべく多くの質問をぶつけ、絞り込んでいく方法が確実です。

Mと言っても千差万別で、M度が高い女性もいれば、M度が低い女性もいるからです。

具体的な質問としては、「S男性に責められてみたい?」というストレートな質問や、セックス中の軽い言葉責めなどが挙げられます。

相手がMなのかどうかを決めつけるのではなく、少しずつ、絞り込んでいくのです。

相手が本当にM女性なら、セックス中も、日常の会話の中にも、至る所にMっぽさが滲み出ます。

こうした小さな証拠を集めていくことで、少なくとも、「Sではない」という事実を確定していくのです。

M女であると確信することは難しく感じるかもしれませんが、意外と、Sではないと確信を持つことは簡単に見分けられる特徴なのです。

そして、それは往々にして、間違っていることはありません。

M女の実際

AVのようなM女は存在しない

SMもののAVを見ていると、極端にハードな反応をするM女がよく登場します。

もちろん、世の中には本当にSMの世界の扉を開けるM女性がいるのも事実です。

しかし、一般的な素人女性は、本格的なSMの世界に入りたいのではありません。

あくまでも、Mっ気が人よりも多いというだけなのです。

M女の特徴を理解し、相手がMであると確信した場合、それはセックスにおいてのプレイに反映されるはずです。

しかし、相手がMだからと言って、AVに見られるようなハードなプレイを望んでいると決めつけてはいけないということです。

現実の女性とSMプレイをする際は、AVとの違いをよく理解し、相手のM度の度合いに合わせて、ハードなプレイなのか、ソフトなプレイなのかを調整してあげる必要があると言えるでしょう。

それさえ間違うこがなければ、最高の調教パートナーに成り得るはずです。

M女と出会う方法

M女との出会いは、世の中に溢れていますが、特徴を理解しないと出会うのは困難です。

M女と出会うこと自体は、出会いアプリなどを使えば簡単に得られます。

シンプルに言ってしまえば、世の中の女性はSかMかのどちらかしかいないのですから、当然と言えます。

しかし、いくら出会いアプリでM女とマッチングしたとしても、その女性がMの部分を出してくれるかどうかは別問題です。

世間一般的な社会人女性は、SMという性癖をそう簡単に晒さないからです。

しかし、そんな秘密の性癖を見抜く方法もまた存在します。

M女と出会うためには、自分がSであるというシグナルを送ればよいのです。

それは、言葉使いでもいいですし、単純に見た目でも構いません。

繰り返しになりますが、M女は、S男性に吸い寄せられていきます。

特に、最近の出会いアプリの場合、メッセージをやりとりする段階でそれは判別が可能なのです。

電話でSMプレイ

出会いアプリでM女のパートナーと出会うよりも、もっと手軽にSMプレイをすることが可能なのが、電話SMです。

SMツーショットダイヤルという電話サービスには、電話で調教されたいというM女からのコールが集まり、テレフォンセックスというバーチャルな状態でのSMプレイが行われています。

日常生活の中で、M女とすぐに出会うことは困難です。

しかし、匿名で性癖を晒すことのできるアダルトサービスの中なら、女性も安心してその性癖を晒すことができるのです。

本物のM女で、かつ素人女性と会話してみたい人、調教してみたい人は、一度試してみてもいいかもしれません。

SMエロ電話コラム


PAGE TOP