S女の特徴と見分け方

S女を見分けたい人のために、S女の特徴を紹介します。S女は決して特殊な存在ではなく、身近によくいる女性のタイプの一つで、その見分け方も典型的な特徴に照らせば簡単なのです。

はじめに

S女は簡単に見抜ける

S女を見分けるための特徴は、M女と比較すると判別しやすく、簡単です。

自分の彼女やセフレ、知人女性の夜の性癖をしりたい人の場合、この記事の通りにタイプを判別すればほぼ間違いなくSかどうかを見抜けます。

世の中に溢れているような、診断系の遊びとは違い、相手は現実の素人女性なのですから、一人ひとりと向き合い、相手の反応を見て、深層心理にあるSっ気を探り出すしかないのです。

しかし、意外にもその特徴は明確で、M女性を見抜くよりも分かりやすいものです。

逆に言えば、「Mではない」という確証を集めていくことで、相手がS女であると簡単に絞り込めるのです。

Sの定義

SMにおけるSとは、サディズムのことを指し、日本語では加虐性(かぎゃくせい)と言います。

簡単に言うと、誰かを支配したい人、セックスで言えば、相手を調教したり、虐めたりして、精神的・肉体的にその相手が苦しむ様を見て快感を得るタイプの性的嗜好を持つ女性を指します。

もちろん、S女性はその全てが完全にSなのではなく、Mっ気も持ち合わせています。

つまり、完全なSや完全なMがいるのではなく、S女というのは、Sの部分の割合が多いというだけのことなのです。

それは、一般的な素人女性にもそのまま当てはまります。

他の女性と比較して、Sの部分が多い女性は、多かれ少なかれ夜の生活においてもS女としての性癖を持ち合わせていると言えるのです。

見た目で判断するのは間違い

相手の女性が、S女なのかどうかを見た目だけで判断するのは間違いです。

繰り返しになりますが、S女の中にも、Mの部分は存在し、逆に、M女の中にSの部分が存在することもあるからです。

しかし、一般的なS女の場合、比較的、カッチリした容姿や言動であることが多いのも事実です。

S女を見分ける材料としては不十分ですが、例えば、常に足を組む女性や、ふんわり系よりもカッチリ系の洋服やヘアスタイルを徹底している女性、言動にSっぽさが滲み出る女性などは、S女の可能性がほんの少し高いと見ることも可能です。

繰り返しになりますが、見た目だけで判断してはいけません。

本当にS女なのかどうかを判断するには、次に説明するように、少しずつ絞り込んでいく方法しかないのです。

S女を見分ける方法

SかMかを尋ねる

どっちにもなれる場合

相手がS女なのかどうかを確実に確かめるには、相手に質問をぶつけ、それに対する反応を見るという方法が確実です。

なぜなら、質問に対する反応には、必ずどこかに本心が表れるものだからです。

S女かどうかを見分けるために、最も基本となる質問が「あなたはSですか?Mですか?」とストレートに聞いてしまう質問です。

この質問に対して、「どちらにもなれる」と回答した場合、その相手はSではありません。

なぜなら、S女は常にSにしかなれないものであり、どちらにもなれるのは、M女の典型でもあるからです。

質問に質問で返す場合

さらに、「あなたはSですか?Mですか?」という質問に対して、「どっちだと思う?」と質問に質問で返す場合も、S女ではないと判断できます。

そもそも、SなのかMなのかを、相手に委ねている時点で、自分がSではないと宣言しているようなものなのです。

判断を他人に委ねるという特徴は、M女に見られる特徴です。

少なくとも、本当のS女ならそのような判断を相手に委ねることはしません。

Sをアピールする場合

「あなたはSですか?Mですか?」という質問に対して、Sっ気があるという点をむやみにアピールしてくる女性もまた、S女ではないと判断できます。

本物のS女は、相手が誰であろうと、Sの立ち位置で物事を判断するもので、それは本人でさえもコントロールするものではありません。

そもそも、本物のS女なら、自分がSであるという事実をアピールする必要などないのです。

逆にM女の場合は、少し違います。

相手に全てをさらけ出しているM女を除き、一般社会人のM女の場合、自分がMであるという事実を容易に知られたくないという心理を持ち合わせているものです。

その場合、相手にMであることがバレないように、また自分の立場を誇示する目的で、Sっ気も持ち合わせているというアピールをあえてするのです。

それこそが、S女にはない特徴なのです。

SMという言葉から連想させる

S女かどうかを見分ける特徴としては、「SM」という単語から、なにを連想するのかを聞いてみるという方法も有効です。

例えば、「M男を虐めるイメージ」という連想をする女性の場合、S女の可能性が高いと言えます。

そもそも、SMの世界には、SとMが両方存在し、SMプレイにおいても、調教する側とされる側の両方が存在するのです。

しかし、SMというキーワードから「相手をいじめる」というイメージが浮かぶ女性は、少なくとも、M女性ではないと判断することができるのです。

そしてそれは、往々にして間違うことはありません。

具体的な質問で絞り込む

S女かどうかを明確に判断するためには、なるべく多くの質問をぶつけ、絞り込んでいく方法が確実です。

Sと言っても千差万別で、S度が高い女性もいれば、S度が低い女性もいるからです。

具体的な質問としては、「M男性を責めてみたい?」というストレートな質問や、セックス中の発言などが挙げられます。

相手がSなのかどうかを決めつけるのではなく、少しずつ、絞り込んでいくのです。

相手が本当にS女性なら、セックス中も、日常の会話の中にも、至る所にSっぽさが滲み出ます。

こうした小さな証拠を集めていくことで、少なくとも、「Mではない」という事実を確定していくのです。

S女であると確信することは難しく感じるかもしれませんが、意外と、Mではないと確信を持つことは簡単に見分けられる特徴なのです。

S女の実際

AVのようなS女は存在しない

普通の男性の場合、S女と聞くと、ムチを持ち、恥ずかしい言葉責めで男性を辱める女王様を連想します。

しかし、それはAVの中の幻想です。

もちろん、世の中には本格的なSMクラブが存在し、本物のSM愛好家が集います。

そしてそこには、AVの中に登場するような、本物の女王様も存在します。

しかし、今この記事で言及しているのは、そうした少数派の愛好家ではありません。

あなたの彼女や元カノ、セックスフレンド、学校や会社の知人女性など、どこにでもいる一般の素人女性の中にいる、S女を見抜きたいのです。

こうした普通の日常生活を送るS女は、そのS度合いが強い女性もいれば、弱い女性もいます。

そのような女性とセックスパートナーとなった場合、相手がS女であると確定したとしても、AVの中に見るようなプレイを望んでいるとは決めつけてはならないのです。

往々にして、一般のS女性が望むSMプレイとは、俗にいうソフトSMという軽い調教プレイであることがほどんどなのです。

S女と出会う方法

S女との出会いは簡単です。

一番手っ取り早いのは、出会いアプリでセフレを作るという方法です。

しかし、セックスのパートナーを作るのは簡単でも、そこからS女を選別するにはちょっとしたコツは必要です。

そのコツとは、S女を選別するのではなく、S女の側から選ばれるようになるということです。

難しく思えるかもしれませんが、これが一番確実です。

出会いアプリやLINEなど、Sっぽい女性と会話のやりとりをする中で、少しずつ自分がMであるというヒントを与えてあげればよいのです。

相手がS女性なら、必然的にM男性に吸い寄せられますが、逆に、相手がM女性なら自然と離れていきます。

結局、最後に残るのは相性の合う相思相愛のパターンになった時のみなのです。

そしてそれが、最高のSMパートナーに成り得るということは言うまでもありません。

電話でSMプレイ

S女とのリアルな出会いは、出会いアプリが手っ取り早くて確実です。

しかし、それよりも早く、今すぐに本物のS女と会話を楽しめるのが、電話SMです。

SMツーショットダイヤルという電話サービスには、本物のS女性が集まり、テレフォンセックスという疑似セックスによるSMプレイが盛んに行われています。

なぜそんなサービスが存在し得るのかと言うと、答えは単純です。

女性は、Sという性癖を、知り合いには晒したくないからです。

出会いアプリやSMツーショットというアダルトな出会いの場は、匿名のままでそうした性癖を晒すパートナーと出会い、SMプレイを楽しめます。

素人女性は、匿名で、かつ変態プレイを楽しめる出会いを求めて、アプリやツーショットに集まっているのです。

本格的にSMの世界に入りたい人も、軽いソフトSMから始めたい人も、まずは電話SMで調教される経験をしてみるのもいいかもしれません。

SMエロ電話コラム


PAGE TOP