No.9 彼氏に内緒でテレビ電話アプリの相手とSMプレイを楽しんでいるドMの私

ハム子さん(34歳・男性・大阪府・営業職)のテレビ電話アプリで知り合った相手と秘密にSMプレイを楽しんでしまった体験談です。

本当はSMに興味があった私

私は当時27歳で、2年付き合っている彼氏がいました。

私の容姿は、ごく一般的に言えば中の上レベルで、出会いに困ったことはそれほどありません。

仕事は割と好きなタイプなので、どちらかと言うと強気なタイプです。

ぱっと見Sっ気が強そうといわれます。

まさか私がSMプレイをやっているなんて…周りは絶対想像していないだろうと思います。

そんな私がテレビ電話アプリで知り合ったお相手は、30代前半のとてもやさしそうな男性でした。

芸能人でいうと星野源に似ている感じで、話し方もとてもやさしく、最初の印象はとても良かったです。

最初はお互いの年齢や、趣味、好きな芸能人のタイプなど他愛もない会話をし、だんだんエッチな内容になりました。

どんなプレイが好きかとか、どこか感じやすいか…今どこを触ってほしいか?とか、今どんな下着をはいているか?など…。

会話をしながら、アソコがどんどん濡れてきているのに気づいていました。

電話の声だけで体はとろけそうでした

お相手の方は既婚者だっだようですが、奥様とはノーマルなプレイしか体験したことがないようで、ドSらしい彼は、過激なプレイを望んでしました。

縛ったり、軽くたたいたり、命令したり、彼の性癖は過激目でした。

ワタシも同様、彼氏がアブノーマルプレイに無関心だったため、本来ドMの私には物足りなく思っていました。

私は命令されるのが好きで、あと、縛って無理矢理絶頂をむかえさせられたり、何度もいきっぱなしにされたり、お尻を叩かれたり、乳首を噛まれたり…かなりハードなプレイをいつも望んでいました。

お互いそのことを伝え、だんだんと会話がエッチになってきました。

まず、彼からの命令で、上半身裸に。

自分で乳首をひたすらつまむように命令されました。

自分で触っていることろをテレビ電話で見られることなんて初めてだったので、とても興奮しました。

徐々にエスカレートし、次は下も脱ぐように命令され、自分で気持ちいいところを、自分の唾液をたっぷりつけていじるように命令されました。

彼氏にも見せたことのないような。すごく恥ずかしいM字の体勢で、知らない人に大事な部分を見せる…それだけで私はもう果てそうでした。

「エッチだね」とか「恥ずかしいね」、「変態さんだね」など、こちらが恥ずかしくなるような言葉をたくさんかけられ、とても恥ずかしい…でももっと見てもらいたいという気持ちになりました。

本当の私はド変態のマゾ女です

普段プライベートや仕事中は、周りからはしっかりとしてる印象を与えがちなのですが、実際はこんなスケベなことを望んでる自分に興奮しました。

そのあとは、乳首に洗濯ばさみを挟んで揺らして見せたり、洗濯ばさみに紐をつけて自分の口で引っ張って見せたり…あとは、下の大事なお豆のところにもかるく洗濯ばさみを挟んだりもしました。

他には、私が彼からもらったローターを使用して、エッチな声を思い存分出しながら果てることもできました。

彼氏の前では出したことのない、いやらしい声でした。

乳首を引っ張ったり、ひねったり、下のお豆に氷を当てたり、中に氷を入れたりもしました。

私の体はいろんなものでドロドロになっていました…。

こんなに濡れちゃうことって初めてだったので、やっぱり私は根っからのドMなんだと実感しちゃいました。

彼氏じゃないからこそできる大胆でエッチなこと。

ここぞとばかりに私もエッチでスケベな女の子になれました。

彼もとても興奮してくれたようで、優しそうだった声がどんどん強くなってきて、それもとてもうれしく思いました。

実際に会うことは絶対ないけれど、電話だからこそ体験できるアブノーマルな体験はしばらくはまっちゃいそうです。

お互いの相性が良く、たった1時間もない間でしたが、一晩一緒にいられたようた感覚になりました。

彼とテレビ電話でSMプレイをして、この興奮をまた味わいたいと思っています。

彼氏とのエッチ中も考えているのは電話の彼とのSMプレイのことばかりです。

ご投稿ありがとうございます。

電話の言葉責めで本当の自分に目覚めてしまったようですね。

恥ずかしがる必要はありません。

誰もが、日常生活とは別に、本当の自分、つまり本当の性癖を隠し持っているものなのです。

テレビ電話アプリは、本当の性癖をさらけ出せる相手と知り合い、その妄想を現実のものとできる唯一の手段と言えます。

SMプレイを楽しめるパートナーを、現実の社会で見つけるのは非常に難しいものだからです。

理想を言えば、本当にリアルで会って、SMプレイを楽しんでみたいと考えているでしょう。

しかし、絶対に身バレを避けたい彼氏持ちの女性や家庭を持つ人妻にとって、リアルの浮気は手が届かないものですよね。

テレビ電話なら、リアルのパートナーとリアルタイムで会話をしながら、まるで本当にリアルでSMプレイをしているかのように、変態プレイを楽しめるのです。

ぐっしょり濡れたショーツの染みや、アソコがひくひくする様子までじっと覗かれながらの電話SMは、格別です。

ぜひ身バレに注意して、これからも秘密の関係を楽しんでいただきたいものです。

2020年6月30日電話SMプレイ実話投稿体験談


PAGE TOP